中小企業の特許取得・運用サービス|ライセンスバンク

よくあるご質問

Question

特許サービスに関するよくあるご質問

Q1

中小企業で特許なんてとっても金食い虫になるだけで、収入にはつながらないでしょ?

イメージ名

特許を活用しようと意識しないと、特許は金食い虫になってしまいます。どんな価値のある財産を持っていても活用しようとしないと維持費と税金とかがかかるだけです。しかし、特許戦略を経営戦略に組み込みことで、大きな収益を上げている企業もあります。金食い虫でおわらせるか、否かは、経営者の考え次第です。ライセンスバンクでは、特許が金食い虫で終わらない特許戦略を提供します。

Q2

特許とったって、大企業相手じゃ技術は守れないでしょ?

イメージ名

特許出願をするときには、会社の資本金も従業員数も記載しません。特許の判断には、会社規模は関係ないからです。したがって、特許の世界では会社規模に関わらず、同じ土俵で戦うことができます。相手が大手企業であっても、裁判を使い、適切に対応すれば技術を守ることができます。ライセンスバンクでは、どんな相手に対しても適切な対応を提供します。

Q3

月額3.5万円(税別)って安すぎないですか?怪しくない?

イメージ名

ライセンスバンクの収益としては月額3.5万円(税別)/件の定額報酬に加え、クライアントの特許製品が売れた際にいただく売上連動報酬(最大売上の5%)があります。月額3.5万円(税別)/件というのは特許取得に必要な最低ラインの費用になります。よって、定額報酬分では儲けはでません。収益を上げるのは売上連動報酬になります。これは、お客様の成功(売上上昇)によって、ライセンスバンクの報酬も増える仕組みですので、お客様の成功のために、ライセンスバンクが全力でサポートする仕組みになっています。

Q4

包括的にっていうけど、出願したら終わりじゃないの?

イメージ名

特許は出願して終わりではありません。その後、特許庁の審査を受けて登録されます。さらに、特許を取得しただけでは、なんの収益も生まず、登録証を社長室に飾って終わりです。ライセンスバンクでは、特許取得に終わらず、特許の活用支援や、警告、裁判のトラブル対応まで、特許が収益を生むためのお手伝いを包括的に行います。

Q5

海外での特許申請など基本サービス以外にも、ライセンスバンクでは対応してもらえますか?

イメージ名

ライセンスバンクの基本サービスは「特許申請」「特許活用」「裁判対応」ですが、それはサポートが足りないと思う方に向けた各種オプションサービスを用意しています。

ライセンスバンクオプション

イメージ名

特許営業オプション

持っているだけでは価値が見えにくい特許。特許営業オプションなら、特許のライセンスビジネスを特許情報を駆使し、営業活動を行います。ライセンスバンクがライセンス交渉から契約まで責任も持って、対応します。

イメージ名

お急ぎオプション

通常5年程度かけて取得する特許。お急ぎオプションなら、最短2ヶ月程度で取得が可能となります。基本プログラムで特許出願を行った後、スーパー早期審査、または早期審査の中小企業要件に適合させて手続を行います。商品や販売がリリース直前の場合に有効です。

イメージ名

競合特許調査オプション

特許を取った商品なら、他社の特許侵害にならないと思ってませんか?特許を持っていても、他社から訴えられる可能性は残ります。それ故、競合がどんな特許を取るか調査が特許取得後も必要になります。毎月、競合がどんな特許を取っているか、競合特許レポートが送られてきます。

イメージ名

海外特許オプション

通常、外国特許には、百数⼗万円/国の費⽤が掛かります。外国の市場まで⾒据えて開発がしたいというクライアント様に⾜して、ライセンスバンクの基本料⾦と同じく月額3.5万円(税別)/国にてお⼿伝いします。

御社のサービスを特許診断してみませんか?

ページトップへ