中小企業の特許取得・運用サービス|ライセンスバンク

結局、特許って、いくらかかるの?

Blog

結局、特許って、いくらかかるの?

2020.03.26

特許申請にかかる費用は、

こんにちは、ライセンスバンク株式会社 弁理士の山本英彦です。

 

以前に特許を申請した方は、相場もお分かりかと思いますが、

特許申請には様々な費用は掛かっていきます。

 

通常の特許事務所に特許出願を依頼した場合、

特許登録までの費用は、出願時と出願後の登録まで

の2つに分けると次のようになります。

 

出願時:30~50万円程度

出願後~登録まで:45万円程度

合計すると:75万円~95万円程度

 

うむ、それよりも高かった、安かったと異論もあるかと思いますが、

これは相場ですから、個々の事例でなく、希望小売価格でもありません。

特許の出願資料の分量や、特許事務所により変動はしますが、

大きく外れないとおもいます。

でも、「登録までの費用」ということを御理解ください。

登録後にも費用がかかります。

結構かかるなー、と思いましたか?

 

特許は登録するだけで終わりでないことがあります。

どういうこと?登録以外に何があるの?

登録だけでは対抗できないのです。

つまり特許商品を真似されたとき、費用がかかってきます。

 

よく聞く話ではありますが、特許商品が真似されたときには、

止めさせることができる、それ先生、してくれませんかという嘆願。

出願者は大抵、というか、真似を止めさせるために特許を取るんですよね。

 

でも。そのために、また費用がかかるのか~、そんな悩みは止めてみませんか?

そんなライセンスバンクで特許を始めてみようと思われたなら、

是非、無料の特許WEB診断から

https://licencebank.co.jp/diagnosis

 

御社のサービスを特許診断してみませんか?

ページトップへ